とくちょう

pieni-roccoの特徴は、ー 新感触の羊毛フェルト -

 

 

最近たくさんの方が楽しんでいる羊毛フェルトの動物づくり。

 

 

だけど、

Pieni-Roccoの動物=トポケッタ=たちは、すこし変わっています。

 

 

見た目は、「これってヌイグルミ?」と思うほどしっかり硬そうなのだけど、

触るとビックリ!?

 

プニプニなんです。

 

 

一般的に作られている羊毛フェルトのおにんぎょうは、

外側はホワホワしてるけど、中の芯が硬くて触り心地はカチコチです。

それは、飾って眺めるのがメインだから...かなと私は思っています。

 

手を触れるのを躊躇してしまいそうな

繊細なコワレモノみたいなイメージがありませんか?

 

 

 

でも...

 

 

おにんぎょうって触りたくありません?  私は触りたいな。

 

 

触って撫でて楽しんでほしい。 

触って、気持ちいいなって思ってほしい。

 

 

だったら、触ってプニプニ気持ちがいい方がいいんじゃない?

それに、外側はしっかりしてなくちゃ、すぐにくたびれちゃって持ち歩けない!

 

 

そんな思いから、

Pieni-Roccoの動物たちは、外側はしっかり硬いのに中は柔らかい新感触の羊毛フェルトになりました。

 

 

中がプニプニ柔らかなので、

とても時間のかかる独特な作り方をしています。

 

さらに、

表面の触り心地にもこだわって、とくにやわらかい羊毛を使用しています。

 

 

お家に届いて箱を開いたその瞬間、

触り心地と見た目のギャップにびっくりされることでしょう。

 

 

1匹手に取れば、不思議ともう1匹...と思ってもらえる動物さんをお届けしたいと思い、

日々、心をこめて新たなトポケッタを作っています。